トップページ » 研究室 »

研究室の紹介

本学科教官の研究対象は、遺伝子、タンパク質、酵素、細胞、微生物はもちろんのこと、 脳、人間、地球・宇宙環境など生物全般にわたっています。選択できる研究テーマの 豊富さは他の大学に例を見ないでしょう。現在、実験的手法やコンピュータシミュレ-ション技法などを 駆使し、様々な現象の解明、新しいシステムの開発などで着実に成果を上げています。

教員名 研究テーマ
青木 俊介 教授 生体内分子シミュレーションによる有用化合物の探索
倉田 博之 教授 医療に活かすコンピュータシミュレーション
坂本 順司 教授 微生物のエネルギー代謝、膜タンパク質の生物化学、分子レベルの生物多様性
坂本 寛 教授 タンパク質・酵素の構造と機能の解明および保健医療分野への応用
末田 慎二 教授 生体分子を対象とした分析技術の開発
松山 明彦 教授 高分子・液晶・生体膜などのソフトマターの物性に関する理論や計算機シミュレーション
安永 卓生 教授 生命の創るナノ構造体が生み出す生体運動の分子メカニズム
矢田 哲士 教授 ゲノム情報の解読と設計を通して、生き物の本質に迫る
山﨑 敏正 教授 脳波を利用したブレインコンピュータ・インタフェース(BCI)
遺伝子発現データを利用した疾患サブクラス分類
入佐 正幸 准教授 水分子と蛋白質・核酸分子が協力する現象の理論
大内 将吉 准教授 生物有機化学、マイクロ波化学
大橋 健 准教授 ロボットやコンピュータと人とのインタラクション
北田栄 准教授 微生物毒素の抗がん作用の解明と医薬への応用
細胞内共生細菌(ウォルバキア)の共生メカニズムの解明
竹本 和広 准教授 統合生物学のための理論とその応用:ゲノムから生態系までをネットワークでシームレスにつなぐ
中川 秀樹 准教授 動物の衝突回避行動とその行動計画戦略、及びその神経機構の研究
花田耕介 准教授 植物での様々な網羅的なデータを利用したゲノム解析
引間知広 准教授 ドラックデリバリーシステムを用いた新しい治療システムの開発
前田衣織 准教授 弾性タンパク質・エラスチンの構造解析と医用材料の開発
»生命情報工学科トップページ

↑ページトップ