トップページ » News&Topics » 7月28日~30日に、サイエンスチャレンジスクールが開催されました。

7月28日~30日に、サイエンスチャレンジスクールが開催されました。

サイエンス・チャレンジ・スクールが開催されました

日時:2008年7月28日(月)~2008年7月30日(水)

7月28日(月)~30日(水)の3日間、九州工業大学情報工学部にて「サイエンス・チャレンジ・スクール」が開催されました。
福岡県内の各中学校から理科・科学技術に関心がある中学生が参加され、最先端の科学技術を学びました。

生命情報工学科では、清水和幸教授の「微生物を利用した革新的技術-生物の驚くべき機能-」と題した微生物(大腸菌)培養体験と、東條角治教授の「皮膚からのくすりの吸収」と題した薬物の高分子膜透過実験の体験学習が行われました。それぞれの実験に参加した中学生は、難しい内容には積極的に質問したりメモをとっていました。また、初めて触れる実験器具や装置を使うときは、アシスタントである大学生の説明を熱心に聞き入っていました。

「微生物を利用した革新的技術-生物の驚くべき機能-」
微生物(大腸菌)培養体験

清水教授による講義

ピペットマンを使って試料作成

パソコンを使ってデータをまとめてます

PowerPointを使って発表です!

「皮膚からのくすりの吸収」薬物の高分子膜透過実験

東條教授による講義

講義は難しかったかな?

ピペットでサンプルをとってます

大学生のお兄さんが
親切に教えてくれました!

»一覧に戻る

↑ページトップ