トップページ » News&Topics » 2007年4月13日~14日に新入生合宿研修が開催されました。

2007年4月13日~14日に新入生合宿研修が開催されました。

2007年度 新入生合宿研修 2007.4.13(金) - 2007.4.14(土)


 毎年恒例の学科新入生合宿研修が4月13日から14日にかけて開催されました。
 参加者は新入生(学部1年生、学部編入生)、世話役上級生、教職員でした。新入生は施設見学を通じて知識を得、先輩や先生方と交流を深めました。

集合写真(ホテルにて)

 13日はまず、佐賀県吉野ヶ里町の『大塚製薬佐賀工場』を見学しました。
 総敷地面積153,601㎡(福岡ドーム約2個分)の中に、ポカリスエットやカロリーメイトを製造する栄養製品工場、医薬品原薬生産工場や研究所など、たくさんの施設が立ち並んでいました。また、大塚製薬佐賀工場ではISO-14001の認証を取得されており、「いのち、自然、暮らし」をテーマに工場内外の緑地化活動や環境保全活動が活発に行われています。

大塚製薬佐賀工場

説明を受ける皆

 このあと、大塚製薬佐賀工場の近所にある『吉野ヶ里歴史公園』で、歴史の浪漫を感じつつ昼食をとりました。
 あいにくの曇空でしたが、広い公園敷地内で歴史散策を行い、交流を深めることができました。

公園入り口

手作りの家

 午後は、二手に分かれて、『佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター』『中冨記念くすり博物館』に行きました。
 『九州シンクロトロン光研究センター』では、シンクロトロン光装置を見学することができました。2年ほど前、見学させていただいた時はまだ完成前でした。どのように装置を作るのか内部を知ることができました。今回は、完成した装置を見せていただき知識を増やすことができました。
 『中冨記念くすり博物館』は、田代売薬の歴史や薬の原料などを学ぶことができました。
 博物館南側には「薬木薬草園」があり、ゲッケイジュ、ラベンダー、カリン、パセリ等様々な薬木薬草を実際に目にすることができました。

 研修を終え、天ヶ瀬にあるホテルに到着しました。
 宿泊先となる『天ヶ瀬みるきーすぱサンビレッヂ』は、高台にありとても見晴らしのいいホテルでした。各部屋には、大きな窓から景色が見れるお風呂がついていました。美味しい夕食をとり、夜は教職員による講演会が行われました。

楽しそうな夕食風景

美味しかった夕飯

 末田准教授による「研究室での学生の活動」の講演では、研究室に配属された4年生の研究や学会への参加をお話いただき、楠本技術職員による「明るく、楽しいキャンパスライフ」の講演では、学生生活における諸注意を一先輩としてアドバイスされ、学生は興味を持って聞き入っていたようです。
 講演会の後は、指導教官と上級生との懇談会が行われました。

末田准教授による講演

楠本技術職員による講演

 14日の朝、朝食を取り、後片付けをしてバスに乗り込もうとしたらサプライズがありました。
 地元商工会による踊りです。私達を歓迎してくださっているのかと思いきや、「温泉祭り」のキャンペーンガールによるイベントで各ホテルを回っている最中だったそうです。
 最後に楽しい思い出ができました。

»一覧に戻る

↑ページトップ