トップページ » News&Topics » 生命医薬情報学連合大会(IIBMP)2015において、本学の学生がバイオグリッド奨励賞(若手奨励賞)を受賞しました

生命医薬情報学連合大会(IIBMP)2015において、本学の学生がバイオグリッド奨励賞(若手奨励賞)を受賞しました

2015年10月29日~31日に京都大学(宇治キャンパス)で開催された生命医薬情報学連合大会(IIBMP)2015において、本学学生の堀晃輔さん(博士前期課程2年)がポスター発表を行い、バイオグリッド奨励賞(若手奨励賞)を受賞しました。

狂犬病ウイルスは、これまでに幾つもの宿主転換を引き起こしています。しかしながら、その宿主転換のメカニズムは未だ解明されていません。堀さんは、狂犬病ウイルスの宿主転換を駆動したゲノム変異の推定を試みており、その研究内容が認められての受賞となりました。

DSC00210-2

»一覧に戻る

↑ページトップ