トップページ » News&Topics » 第61回トキシンシンポジウム -鳴門渦潮カ ンファレンス-において、本学の学生が学生発表賞を受賞しました

第61回トキシンシンポジウム -鳴門渦潮カ ンファレンス-において、本学の学生が学生発表賞を受賞しました

2014年9月3日~5日に徳島県で開催された第61回トキシンシンポジウム -鳴門渦潮カンファレンス-において、本学学生の本村恭平さん(情報工学府・情報科学専攻・生命情報工学分野、博士前期課程2年)が若手奨励賞を受賞しました。

「微生物毒素パラスポリン 2 の細胞認識を利用した生体での抗癌効果と作用解明」というテーマで行った口頭発表が、若手奨励演題の中でも特に優れた発表であり、これからの生物由来生理活性物質研究の発展に貢献しうると評価されての受賞となりました。

aa-2

»一覧に戻る

↑ページトップ